カテゴリ:アート( 10 )
中之島へ
f0045743_11552838.gif
f0045743_11555750.jpg

同じ仕事場ビルの住人、おりびとさんこと石田典子さんのグループ展”-seasons-”に行ってきました。

新福島から、興味深い路地がある町並みをてくてく歩いて、レトロなメリヤス会館に到着。
やさしい白の空間に、作品たちが並んでいました。いつの間にこんなにたくさん作品ができあがってたんですか!?って、びっくり。夏休みの間に作られたそう。私の夏休みの制作ペースったら…汗、出ます。

空間と暖かい、けれどぴりっとした照明の中、おりびとさんの織った作品たちは糸一本一本が生き生きとしていて、他の方の作品も、あらためて人間の内から湧き出るエネルギーとか、それを作り出す五感につながった手はすごいな、と思いました。

ものすごくばーーーん!!とした衝撃ではないけれど、ふつふつと芯からしみてくるような。これはやはり長くものづくりをされてきた方のものだからかなあ、なんて思いながら…。

f0045743_1253937.gif
f0045743_1255537.gif

一度、さよならー、とギャラリーを出たのに、二階を覗いている間にオーナーさんが珈琲を入れてくださり、おりびとさんと話すことまた2時間超…外はすっかり真っ暗に(汗)

f0045743_1273461.gif
わたくし、初めて中之島線に乗るので、おりびとさんが橋まで送ってくださいました。その橋からの夜景…。思わずふたりで「わあ〜、きれい…」と見とれてしまいました。
勤めていた頃は気づかなかった。都会でもココロの栄養、もらえるんだなあって思いました。

グループ展、10/4の日曜日までやっています。くわしくはこちらまでLADS GALLERY

[PR]
by witch-ny | 2009-10-02 12:16 | アート
'09「風と土のかたち展」始まります。
f0045743_011599.jpg
昨日やっと出来上がった作品を荷造りし、仕事場住人のおりびとさんに搬入をお願いしました。
途中、様子を聞こうとメールしましたが、予想通り電波が届かなかったようです。
山深い中にある古い小学校で、とてものどかなゆったりとした時間が流れているところだったそうです。
私はというと、この連休は息子の野球でものすごいスケジュールになっていて、会場に行けるかどうか…(涙)木々に囲まれて、ゆったりした時間を過ごしたいのですが…。
お時間のある方、お近くの方は是非お立ち寄り下さいませ。



f0045743_0101413.jpg 

上の写真は増殖完了のタペストリー。前の写真とあんまり変わらないかな?
実物はけっこう変わっていますが(笑)古い木の教室で、居心地よくしてくれてるでしょうか?


f0045743_093761.jpg


裂き織りバッグは、ふたつともとても気に入っています。もしどなたかのお気に入りになって頂いた時のことを考えて、もう会えないかも…と、恋人と離れるような気分で(笑)写真をいっぱい撮っておきました。

いづれにしても、私の作ったものをいろんな方に見て頂いて、一瞬でもふっと何かを思って頂ければ、それだけで幸いです。
このシリーズはこれから続編となりそうです。がんばって作り続けていこうと思います。

[PR]
by witch-ny | 2009-09-20 00:25 | アート
制作追い込み中
f0045743_1395681.jpg
伊賀市で開かれる’09「風と土のかたち」展、いよいよせまってきました。
まだ、追い込み中です(汗)出品は、タペストリー(非売品)と柿渋染めなどの裂き織りBAG2点(販売可能)です。
写真は制作途中のタペストリー。もう今はほぼできあっていますが、もう少し増殖させるつもりです。
光にあてると透けてきれい。どんな場所に展示してもらえるかは、行ってのお楽しみです。



f0045743_13142624.jpgf0045743_13144325.jpg
先々週になりますが、一年ぶりに河内長野にある”万葉樹”さんに妹と行ってきました。アジアの少数民族の生地や、糸が目的だったのですが…。店主さんとあれこれいろんなことを話し込んで、3時間ぐらいいたかなあ(笑)

パワーをもらえそうな天然石やアクセサリーもいっぱいで、さいごのさいごまで悩んで、前に泣く泣くあきらめたタイのモン族の織スカートやシルク、めずらしい色のキャッツアイの指輪、息子に野球で活躍できるようにラピスラズリの玉も買って帰りました。

古いおうちでゆらゆら柿渋の暖簾がゆれて…ほんのりお香の香りがただよう店内は宝の山でした。おしゃべりも楽しかった〜。パワーをいただいて、制作続行できました。
よろしかったら、一度行ってみてくださいね。

〒886−0048 大阪府河内長野市三日市町574
℡0721−68−8324 営業時間:10:00〜17:30 
定休日:日曜日(買い付けなどに出られてる場合もあるので、一度お電話してから行かれたほうがいいと思います。)

[PR]
by witch-ny | 2009-09-14 13:27 | アート
『布のあるくらし』はじまりました。
f0045743_21403325.jpg
f0045743_21405169.jpg




本日、いよいよ愛媛のギャラリー”3ta2”さんでの企画展『布のあるくらし』が始まりました。
すでに会場に足を運んでいただいて、このブログをごらんになっていただいている方々、ありがとうございました。そして、まだの方も実物を手にとってごらんいただければ、うれしいです♪
…といいつつ、私は大阪で会場には行けません(涙)
旅立ったお子達(大げさ!)どうしてるのか?他の作家さんの素敵な作品も見たい!!
ですから、行かれた方は是非コメントをお願いいたします(m--m)
ご質問などもございましたら、お気軽にご連絡くださいね。

さて、納品した作品たち…まるで、お子のようにけっこう手がかかっています(笑)
上の写真は柿渋染のもの。格子柄は筆で描いて、また何回も上から染めています。筆を持って手を動かすことの楽しいこと!!子供に戻った気分でした。持ち手の皮は手縫い、底は裂いた生地を編んでいます。いろんな表情の素材が組み合わさって、バッグになりました。ぶら下げてある「たすオーナメント」はぶなの木を手で削ってあります。
 
右の裂き織りのポシェットは、生地で、そして織り上げてからも何回も柿渋で染めてあります。
太陽の光をうけて、うすい花びら色が少しづつ、やさしい茶色になっていきます。
柿渋の茶色が好きなのはきっと自然でシンプルな皮に似ているからかもしれません。
ポシェットは全体が皮でできているような、素朴な雰囲気に仕上がりました。
是非、手にとってごらんくださいね。

さてさて、こちらは明日あさってと、秋の『だんぢり祭り』です。このブログを書きながら、「関東煮(かんとだき)」という、おでんよりもおしょうゆと砂糖で甘くこってりと煮たものを作っています。今は大根やら、スジ肉などを下茹で中です。
お祭りになると、あちこちのおうちから関東煮のにおいがしてくる…子供のころから、祭りにはかせないもののひとつです。それでは、また祭りの様子や作品のこだわりなど、レポートしますね♪

[PR]
by witch-ny | 2008-10-10 22:03 | アート
ほ~っと一息。
f0045743_016661.jpg

愛媛県の松山のGalery 3ta2さんでの「布のあるくらし」(10/10~17)、作品が予定よりたくさん出来上がり、タグつけやらもろもろの用意もすませ、やっと発送しました。だめですね~。仕事でもなんでも、ついぎりぎりまでやるクセがついてて…。次はもう少し余裕をもってやらないと、ですね。

今回は染めたり織ったり、なんだか学生の頃にもどったように、素材を作る作業が楽しくて
まだまだいいろいろやってみたいことがいっぱいでした。
さてさて、旅立ったモノたち、見に来てくださった方々のお気に入りになっていただければ、うれしいのですが…わくわくしたり、ちょっぴりどきどきもしたり…。行ってみたいなあ、松山。

他にも素敵な作品がたくさん並ぶようです。お近くの方はぜひ足をはこんでみてくださいませ。

[PR]
by witch-ny | 2008-10-06 00:43 | アート
うれしい物々交換
f0045743_0335929.jpg
f0045743_0501659.jpg

仕事場一階の”A-POINTさん”で、スーパー折り紙とでも言いましょうか…中学一年の男の子の
個展が開催されています。実は本日で終わりなんですが…すみません(汗)。よろしかったらお越しくださいね。

彼が夕方やって来て、折り紙を折ってるのを見ると、すごいんですよ!!私が見てもちんぷんかんな図を見ながら、もちろん、創作でもぱっぱっとキャラクターを生み出していく!!まさに魔法の手です。
そして、私も感化され、昔やっていた真鍮でミドリガメを作ってみました♪彼のすごい作品と交換してもらおうと思って。
そして、今日届いたのがリクエストしていたこの”田中ネコ”。田中というのは折り方を考えた人の名前なんだそうで、すごい世界があるものです。

ミドとネコちゃんがごたいめ~ん!!このネコちゃん、わずか7cmなのに表情もあるし、今にも歩き出しそうなんですよ。ありがとう、大切にしますね。

f0045743_0503349.jpg
さてさて、Gallery3ta2さんでの「布のあるくらし」。バッグが今4個ほどほぼ完成しました。
あとはアイデアいっぱいなんですが、今回はじっくりじっくり製作しています。
今日出来上がったのは、裂き織りと皮の斜めがけかばん。
明日は柿渋の裂き織りのポシェットを仕上げる予定です。
また、ちくちく情報ほうこくしますね。

[PR]
by witch-ny | 2008-09-19 01:10 | アート
まったり店番中
f0045743_17523852.jpg
昨日は仕事がきゅうにオフになり、初めてイベントのお店番をしました。

朝からしとしと降り続く雨が、時おり強くなり、そんな様子を窓からながめながら、ゆったりとした空気の中、ちょっとした作り物をしたり…。

お気に入りの音楽を聞きながら、昨日までの慌ただしい毎日とは全くちがう時間の流れ…。

とても懐かしい気がしたのは、この屋根に感じる雨の音。
今はないけれど、実家の小さな工場を思い出しました。


時にざーっとうちつけるように、そして時に少しやさしくなでるように。
生まれてから、結婚するまで、いつも聞いていた音。

こんな雨の中、思いがけずうれしいお客さまがいらしてくださったり。

そんなこんなで、ゆっくり、まったり、”五丁目の洋品雑貨店”は開店中です。
[PR]
by witch-ny | 2007-10-20 18:09 | アート
本日オープン!
f0045743_21392352.jpg


おとなりのお花屋『Life+』さん二階でのイベント”五丁目の洋品雑貨店”が今日からオープンしています。

ご近所のモーリーママさんのお菓子も届いたそうで…私は金曜日までのぞけないのですがお客さまと、まったりお茶しながらおしゃべりするの、楽しみです♪

11/16(金)まで一ヵ月、仕事の合間にまたいろいろ作って、ひそかに作品増殖計画中です(笑)お近くの方は是非遊びにいらしてくださいね。

くわしくはホームページの■event■をごらんくださいね。
[PR]
by witch-ny | 2007-10-16 21:49 | アート
ボヌール
f0045743_21145680.jpg頼んでいた本が先日届いた。銅版画家 ”南佳子作品集 ボヌール”
たまたま見たテレビで、彼女の存在を知った。作風があまりにも斬新で、繊細で、メルヘンなのに静寂と哀愁を感じるのは、私だけだろうか。
表紙の少女の目が、学生の頃課題であった銅版画で描いた下絵に似ていた。
泣いているのでも、笑っているのでもない、何かを含んだ表情。
もっと作品が見たくなって、作品集を買ったのだ。
独特のモノのとらえ方、刺繍のように細やかなライン、見れば見るほど引込まれる。
彼女は1954年、43才で家族を置いてパリへと旅立ち、銅版画を学び始め、93才で亡くなる晩年まで、精力的に作品を作り続けたそうだ。
43才か。私はまだ彼女の出発点にまでも至っていない。
いまからでもやれる。彼女の生き方に、力をもらった。もっと、彼女を知りたくなった。

[PR]
by witch-ny | 2006-10-12 21:30 | アート
プーシキン美術館展
f0045743_10382845.jpg
まだ、ひどい鼻づまり。でも思いきって昨日息子と春休みの計画のひとつ、『マティスの金魚』をみるべく、国立国際美術館の『プーシキン美術館展』へ行ってきました。こんなにアールがきれいな建物で、地下が展示室になっている。すでに2004年に万博公園から、大阪の中心部の中之島に移っていたの、全然知らなかった!!ショック!!毎日なにをぼさっとしてたのだろう。

それはさておき、この展覧会、日本人に親しみのある印象派からピカソの時代まで、名画がずらり!混雑を予想していたが、意外に人の間をすり抜けて、間近で見ることが出来た。
一番の心配は、息子。走り回るか、むずかるか…。でも、子供用にパンフレットもあって、クイズ形式で『ルノワールの絵の女の人はどこがおしゃれかな?』とか、『モネの絵の積みわらはいっぱいあるけど、色が違うね。影はどんないろ?』ってなかんじで説明と質問が上手く組み合わされていて、子供も人込みの中一生懸命パンフを広げて、読んでいた。

その他、セザンヌ、ゴーギャン、ルソー、シニャックなど、時代の流れに沿って展示がなされ、中でも印象派が苦手な私もこうやって見るとそれぞれの特徴がよく見えて、すてきに見えた。一緒に子供の目線になったからかな?不思議。
そして、とうとうお目当ての『マティスの金魚』の前へ。
なんの花かな?ピンクのきれいな花に囲まれて、泳ぐ4匹の金魚。中には口をあんぐりあけて、まぬけなやつも。重なりあって見える、上からの金魚もおもしろい。なんだか楽しい時間が流れている絵だった。
子供は、ピカソがお気に入りだったよう。
途中、足痛い〜とか、人いきれでぐったりしていたが、子供も本物に触れられてよかった。

f0045743_1155414.jpg
これは子供用パンフと、
あんまりかわいくて買った、金魚のジグソーパズルと一筆箋。勿体なくて使えないかも。

まだ、続きます(笑)もう帰ろうかと思ったけど、現代美術の常設展示へ足を運ぶ。
体がうわーっ!!と、開放感に包まれた。久しぶりの感覚。前はよく美術館めぐりをしてた。カルダーのでっかい赤いモビール。高い天井。
ゆったりとした空間の中に、草間弥生、ちょっと囲われたところに、またまたピカソの絵!!ダイナミックな書のような絵、オブジェ…。子供も自由に泳ぎまくっている(笑)

内藤礼の『死者のためのまくら』。タイトルは恐いけど、背の高いケースの中に
7センチほどの白いシルクオーガンジーで作られた繊細なピンクッションのような
確かに”まくら”。空気のような、半透明で存在さえ危ういような。
そのケースが二つ並んでいる。とても新鮮だった。

f0045743_1117169.jpg


とても、よい時間だった。子供も満足してるみたい。



f0045743_11175877.jpg





中之島の橋をふたりでゆっくり歩き、見つけたレトロな建物のオーガニックカフェ。
ここで、遅いランチをとった。ビル郡の中に、近代建築を代表するレトロな建物が点在するこのあたりは、不思議なでもとても好きなところ。
結婚式をあげたのも、近くのレトロな会館。
f0045743_11202440.jpg
もひとつ、おまけ。
ロシアの美術展だけあって、ロシアのものも売っていた。
金曜日買い物我慢した甲斐があった!いろんな種類の中から、かわい〜マトリョーシカ発見!!残り二セットだったのを、店員さんに顔をじっくりみせてもらい、即購入!
ちょっと、上沼恵美子ちっく!?あとで、草間弥生の黄色いカボチャオブジェも見つけたが、あれが家に来てたら、たぶん、大変なことになってたかも。大満足の春休みの1日でした。
[PR]
by witch-ny | 2006-04-02 11:35 | アート



モノづくりと唄うのが好きな、ワタシの日々のつぶやきです。
by witch-ny
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
くらし
手しごと
雑貨
三線
WEB SHOP
アート
shopping
プレゼント

shop
イベント
未分類
以前の記事
2016年 07月
2016年 06月
2012年 10月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
お気に入りブログ
cream cafe
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧